気まぐれ撮影: HMMバーサークフューラー

Category : 日記

まったり製作する予定の次作に向けてHMMフューラーを組んでいますが
素体の段階で見入ってしまって装甲やバックパックの組み立てになかなか移られませんでした
だってカッコいいんだもん




カッコよさとはまた別の何かをも体現できそうです

HMMはフレームを露出させるとハイディテールなメカとしての存在感が際立つのが好きで
ガンプラのPG・MGでの外装パージ状態にはない生々しさに魅かれて
7月にコマンドウルフを製作した時にはこんな写真も撮りました


kmgr1_1



「生々しさ」と書きましたが、無機質な機械の意匠を表に曝け出した状態が
生の実感を放つように見えるという矛盾。
その状態で一体のゾイドとしてデザインが成立している「素体」というのはやはり画期的だと思います
静物らしくあることで生物らしさが際立つような構造……なんていうテキトーな物言いはさておき、そういうメカメカしさの魅力を記録しておきたいと思いHMMフューラー素体を何枚か撮りました


本来、素体として組むには目のクリアパーツや若干の装甲を装着する必要がありますが
それらを敢えて外すことでキャラクター性を排し
物言わぬ機械らしさが滲み出ることを狙っています




kmgr1_2

kmgr1_3

kmgr1_4

kmgr1_5

kmgr1_6


ところで週末は久しぶりに関東での多人数オフ会に参加する予定なので
楽しんできます!!
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム