小型ゾイド用ヴィネットをつくろう2

Category : 工作過程

前回の続きです

「○曜日: ×々」という表記で製作記を書いているからにはもう少し早く続きを書くべきだったと思いますが
結局1週間が空いてしまいましたwww

しかしながら月曜~日曜で一通りのヴィネット構成要素が揃ったので曜日ごとに製作過程を書いていくスタイルで続行します。

●木曜日: 拡々
実際にゴジュアルドをベースに置いてみたところ、機体に対して板が小さいことに気付き始めました。

vinet26

これではゾイドを撮ろうとすると尻尾の下で情景が途切れてしまって構図が決まらない可能性が高いです。
そこでベースの拡張を行いました。


vinet20

使用したのはプラ板・プラ棒です。
スチロール板を買ってくるなりした方が強度的にも扱いやすさの面でも優れているとは思いますが、
家で使われずに放置されている材料からまずは手をつけていきたいと考えました。
(プラ材で何かをスクラッチとか、まだやりたくても先になるでしょうし……)

0.5mmプラ板同士の間に筋交いになるように3mmプラ棒(四角)を挟んでいます。
エッジは三角棒を使って斜め下に落ちるようにしています。


●金曜日: 追々

前記事の月曜日~水曜日の行程をそのまま追っていきます

vinet21

ウッドチップを乗せ

vinet22

木粉粘土をケチるためにプラ棒(丸)でかさ増しを行いますwwww

vinet24

そして木粉粘土を盛りつけます
レリーフから作った部分とプラ板から作った部分に、継ぎ足しによる違和感が無いように気をつけつつ盛りました


vinet23

そしてアクリルガッシュで ひび を埋めて

vinet25

タミヤアクリルのグレーと赤茶色で塗装!!

●土曜日: 植々

情景テクスチャペイントを塗ることで全体が一体感をもちました
これで知らない人が見ても拡張したとは気づかれまい

vinet26

ベランダに落ちていた枯れ枝を適当に拾い、植えてみます。
このとき、twitterでサンダースさんからのアドバイスにより

樹を地面に対して垂直に植えると空間がボックス型になるけど
斜めに植えることで空間が椀状に切り取られる

ということなので木がベースから、外に向かって放射状に生えるように差してみました。
構図が検討できたら、選んだ木を洗って乾かします。

vinet27

そして、100均のガーデニングコーナーで買った水苔をタミヤアクリルで緑に染め、ベースに植えていきます

vinet29

木の葉もこの水苔で表現。

vinet28

そしてパセリの葉をちぎって電子レンジで乾燥させたものを使って別の木を作ります
大地に自然が芽吹いてきました


●日曜日: 人々

ヴィネットの主役(?)、兵員フィギュアの配置を検討します。

vinet31

vinet32

ストーリーのイメージを膨らませるように……

vinet33

一部のフィギュアは、首や腕の向きを変えることでポーズを変更しています


あとは兵員フィギュアを塗装したり
草をより鮮やかに上塗りしたり
地面をより茶色く塗ったり調整していきます

つづく
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム