スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モデリングは停滞…(Beady Eye@Zepp Osaka-20110908)

Category : LIVE

8日は、Beady Eye大阪公演に行ってきました。

Oasisを名古屋で見たのが大学1年の終わり、つまり2年半前。
そうか、ノエル脱退からもう2年経つんだな……
それでも、リアムとロックンロールは前進し続けたのでした。


サマソニでも観たのですが、単独公演ならではの濃密な雰囲気・ステージと観客の近さもあって今回の方がはるかに楽しかったです。前回がプロモーション来日だったと思えるほど。


開演前SEでは
ザ・ジャムの「That's Entertainment」
ギー・ポップの「Lust For Life」など、これぞロック!というチョイスの定番曲を流しまくってフロアのテンションを上げ、ストーン・ローゼスの「I Am The Resurrection」の黄金のメロディーを堪能した後、ジャムセッションが展開するアウトロの収束と共に暗転!! あまりにパーフェクトなオープニング!!

ストーン・ローゼスこそは、根っからのフットボール・フリークだったリアム・ギャラガーをロックンロールに目覚めさせた運命のバンドらしいです。リアムの再始動バンドが、ローゼスからバトンを引き継ぐかのように演奏を始めるとは、なんてニクい演出でしょうか。UKロックは、伝統に縛られるような面もありますが、こうしてストーリーが紡がれ、続いていき、未来につながっていくというのはとても感慨深いです。

ちなみに、本場英国のライブでは、この開演前段階(そう、ステージに誰かが登場する前です)で、誰が仕切ったわけでもなく自然に拳突き上げ大合唱となるようです!!すげぇぇ

Beady Eye - I am the resurrection - Live @ Manchester Apollo 7/3/11


そして始まった本番。
リアム専用マイクのハウリングが若干耳につき、曲の数箇所は歌うのをやめていましたが「ガッツリ盛り上がっていこうぜ」的なジェスチャーを交えて最後まで歌いきってくれました。



ただただ、音を聴いているだけで自然に満面が笑顔で満ちていくような、そんな魔法がかかったような瞬間が幾多ありました。

思わず踊りたくなるライブ・戦慄が止まらないライブ・必至で合唱しようと客として声を張り上げるライブなどありますが、ただただ突っ立っているだけど頭と心が「ああ、楽しいなぁ」という気持ちでいっぱいになり、笑顔が溢れてくるライブも凄く良いものです。サマソニで観たプライマル・スクリームもそんなマジックの体現者でした。ギターロックの魅力なのでしょうね



帰ってきて翌日からは引越しの準備!!
本日10日に、とりあえず荷物の半分を新居に移動させるということでカラーBOXに服をつめたり衣装ケースにCDラックを入れたりして段ボールを減らし、荷物をまとめていました。

なんとか軽トラ一往復で運びきれました。

来週は宮城県山元町に行ったり、その後は残りの荷物のまとめもあるのでゴジュラスギガはなかなか進まない……

スポンサーサイト
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。