スポンサーサイト

Category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGUCジムススナイパーⅡにLEDを16個くらい搭載してみた

Category : HGUCジムスナイパーⅡ

モデグラの電飾特集にパワードジムカーディガンを光らせた作例がありましたが、それにインスパイアされて自分も「バーニアとバイザーが光るジム」を作ってみたくなりました。
というわけでジムススナイパーⅡを製作中です。

前回はチップLEDをガンプラの足裏に仕込んでみましたが
膝・膝裏・背中のバーニアにも搭載。
そして頭部に砲丸型LEDを削って入れてみます。
合計数は 片足6つ × 2 + 背中に2つ + 頭部に2つ で16個です。
明らかに重たくなりました笑

本体はゲート処理も途中ですが、点灯させるとこんな感じ

15led_1

15led_6

15led_2

おお、大体イメージ通りの絵面になってくれそうで良かったc(´ω`)p

膝のスラスター等は横から光が漏れてるので対処したいですね。塗装したら目立たなくなるかな?
バーニアはキットの皿状パーツをそのまま使うよりもコーン型の市販パーツに置き換えた方が奥行きが出て良さそうです。噴射してる感じがより強く出せそうな感じにしたい。


15led_3

頭部。もっとピントをピシッと合わせて撮れるようにしたい…

15led_4

カメラアイとオデコのセンサー用に2つLEDを入れています。



今回、電源・スイッチは内蔵しています。

15led_5

背中に仕込んだボタン電池のCR1220ひとつで16個全てを賄います。
スイッチはリアスカートと股関節軸ブロックの間あたりにスペースを設けました。
ちなみに定電流ダイオードは全く使用していません。


CR1220用の電池ケースではスペースが少し厳しかったので、LR44用の基盤取り付けホルダーを加工して自作しました。
以下はその手順です

15led_8

コの字型の電池ホルダーがあります。
底面の面積はCR1220をセットするのにちょうど良い感じなのですが、側面の端子が長すぎるので高さが合うようにします
(ペンチで曲げて金属疲労で切断しました)

15led_7

フィットしそうなことを確認。

15led_10

フタが無いので、幅10mmの熱収縮チューブをはめてやります。

15led_9

収縮させてやるとこんな感じに。
天面と電池の間に端子を仕込めば、ビニールの弾力がホールドしてくれるので電池ケースとして使用可能!!


というわけで、気温が上がるまでライガーゼロの塗装を先送りにする口実としてジムスナイパーⅡを作ることにします〜
あんまりエッジ出しとかに厳密にこだわらずにスムーズに形にしたいところです
スポンサーサイト
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。