ライガーゼロとジムスナイパーが交互に進んで行くような感じで作業を進めています

というわけで今回は表面処理を終えてベースグレーをサフ代わりに吹いてみた状態でHGUCジムスナⅡをUpします。
jimusand1

(白っぽい機体色に緑バイザーという組み合わせがウルフさんのジェノアスカスタムを思い起こさせた)

サフ吹き状態のプラモの画像ってなんかカッコいいですよね。
なんで魅力的なんでしょうね。

・プラスチック特有の半透明感がなくなる
・ディテールがクッキリしたように見えるようになる
・色調が統一される

色調が統一されるといっても、ピンクとか蛍光イエローでプラモの全体を塗装してもあまり映えない気がするので「メカとして説得力のあるカラーで統一された外見になる」ことがサフ吹き状態の良さなのでしょうたぶん。

このあたりの話はオフ会とかで深堀りしたいc(´ω`)p

jimusand2

太腿周辺にナニワネジ&真鍮線で施したディテールアップがさりげなく馴染んでいるように見えて安心。
肩アーマーのエッジがシャープに表面処理できたのはよかったですが、胸部はちょっとダルいですね
今回はこれで許容します

ところで、いつも黒に近い紺色の布を背景にして撮影しているので別の色を用いて印象を変えてみたいと感じました

jimsand5

背景を明るめの肌色にして撮ってみる。
……どうしても影が目立ってしまいますね。部屋の窓際で自然光を利用して撮影しているのですが、別途照明を導入したりして撮影環境をアップグレードする必要がありそうです。というか影が目立たないからという理由でいつも黒い背景にしていることを思い出しました。この利便性は揺るぎない(`・ω・´)

jimusand4

テーブルもベージュ系の色なので置いたまんまを撮ってみる。
インテリア的な雰囲気を出した写真を狙うならこういう感じもアリですね


アンテナを真鍮線かパイプで置き換えたいと思っていたのに加工し忘れてました
c(´ω`;)p
ライガーゼロの塗装を行っているうちに新年度がやってきて気温も上がりましたね

大型のHMMキットをグラデーション塗装で仕上げるということで手間がかかってますが、CAS部分は塗り終わりました。


gradient1
ハイライトを1段階吹いたところ

gradient2
もう一段階明るい色を吹いたところ
という感じで、シャドー部分がキツめになるように塗っています。大型キットだから多少表現が大げさなくらいがちょうどいいのかな? と思ってクッキリとコントラストをつけてみました

つや消しクリヤーを吹いてエナメル塗料でウォッシングするとシャドーがぼかされていくので、基本塗装時は明暗をはっきりさせておきたい という意図もあります。


gradient3
記事のタイトルにあるように、面の中にハイライトで楕円を描くように心がけて塗っています
装甲の形に沿って四角や台形を吹いていくよりも明暗の別れ方が自然になる気がする。

……このあたりの取り組みにどれくらいの効果があったのかは、塗装が終わって組み立ててみるまで実際は分かりませんねc(´ω`;)p

gradient6
背中の装甲についてもそんな感じで塗ってみてます

そういえばもともと「サイコパスに出てくるドミネーターみたいなダークグレーで塗る」つもりで作っていましたが、グラデーションが目立つように塗っていたらそれなりに明るい感じになってきました。
製作中に方向性が変化していくのは仕方のないことです(?)

緑色で塗装する部分も明るさを上げてみました

gradient5

gradient4

ハイライトを吹いた面に光が当たっていると、白飛びしているのかそういう塗装なのかが一瞬分からなくなるのかが面白いですね

_/_/_/_/_/

まだフレーム部分のメタリック塗装などが待ち受けているため完成はしばらく先ですが、納得いくように仕上げたいです(`・ω・´)
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム