先週の連休に開催された関西まるち模型クラブ(仮)展示会の写真をUP!!
今回は展示する側ではなく、京都に紅葉を見に行ったついでに立ち寄る感じで観覧していました。

ちなみに京都はこんな感じ(蛇足)。
multi5th_6


展示会では全部の作品を撮影することはできなかったので、自分が気に入った作品を紹介していきます。
全貌は公式サイトのレポートが掲載されたらそちらでチェックできそうですね




【某氏のKAIJU型ゾイド】
ライガーゼロ・コレクティングに投稿されていた某氏の製作中ゾイドが、塗装・電飾を施されて埼玉から参戦!!

multi5th_10

multi5th_11

デスザウラーやギルベイダー(あとマッカーチスもなんだけど)を想起させる、無慈悲そうな目がカッコイイですね


multi5th_13


multi5th_12

首から尾にかけて各フィンに青色LEDを搭載しており、AC電源で給電されています




上記ツイートを別角度から撮ったのがこちら
multi5th_15


multi5th_14

緑ウルフ「あ、いやそんなつもりで言ったんじゃないんですよ……落ち着いてくださうわあああああああああああ」

……MSSコマンドウルフが後ろ足で立ち上がった画像は前にも上げていますが、楽しい感じになりますね


---
【余談】
パシフィック・リムといえば6月にWOWOWで放送された際に、あの作品の魅力を改めて語り倒すトーク番組がネットで配信されていました。映画評論家や作曲家がテンション高めでBGMや監督の来歴を深堀りしていくので面白かったです。アーカイブされているのでお時間のあるときに必見!!
http://st.wowow.co.jp/detail/4357
---


【HMMコングをフレームを利用した改造デスザウラー】

会場に到着するまでデスザウラー改造機が置かれているとは知らず、直接目の当たりにしたときのワクワクした感じはたまらなかったです

multi5th_18

multi5th_16

ゾイドは煽りで撮るとカッコイイですが、デスザウラーは天井の照明を利用して後光が差すように撮ると迫力が一層向上しますね。

multi5th_19

ナニワネジを多用されていましたが、見栄えを向上させるだけでなくウェイトとしての役割も大きいそうです。

multi5th_17

一緒に展示されていたシュバルツコングも追加ディテールが多く、メタリック塗装が映えていました



【HGUCネオ・ジオング】

multi5th_7


multi5th_8

非常に大きい上に、電飾により迫力を増しています。
パーツの面積が大きいと、天井の証明を反射してできるハイライトも大きくなるので会場での存在感がより大きくなるみたいですね



【フィギュア・ガレキ】
アイマスの楓さんの作品が印象に残りました。
2種類を前後にずらして飾っているのがいいですよね。客観的に自分を見つめる視点みたい

multi5th_5

ゲームをやったことないしストーリーやキャラとしての設定も全然知らないんですけど、楓さんには絵から伝わって来る雰囲気でなんか惚れました笑

たまにそういう(突然ハマるような)ことあるよね

multi5th_2

multi5th_4

人形特有の、どこも見ていないような何も考えていないような表情に引き込まれていました

multi5th_3

multi5th_1

後ろ側の楓さんの、目線の流し方とか物憂げな雰囲気がうかがえる感じもすごくいいなぁ


【自分のコマンドウルフとMSS整備場】

前回の記事で紹介したジオラマベースです。

multi5th_20

ジオラマにはもっとリベット等を設けて情報量をあげていきたい。


というわけで展示会レポートでした。
次回は1年後ということで、その頃の自分はもう少し大阪の近くに引っ越したりできていると行きやすくていいなぁ……
スポンサーサイト
この連休は関西まるち模型展示会が行われていたので
MSSウルフを持ち込みつつ観に行ってきました

ウルフ以外にも何か持って行こうかなと思っていたところ、MSSのジオラマベース「整備場」をちょっと細工して塗装でもしたらいい感じになりそうだと考えました

というわけで半日程度モデリング!!

bijoh1


整備場の壁です。アルフォートをモチーフに寸法を変えたカロリーメイトの粘土細工サンプルが並んでるみたいであんまりカッコよくないなぁと感じていたので筋交いを入れることにしました


bijoh2

プラ板で壁を作ってプラ棒を斜めに差し込みます
同じ寸法のものをたくさん切り出すのって案外難しいですね
ついでにナニワネジでディテール追加。

bijoh3


対角線状に筋交いをいれてやります。

bijoh5

深い緑色で塗ります。
トミーテックつながりで1/144サイズの人形(↓)を置いて臨場感を出してみました。




そしてクレーンにもディテールを加えて塗装します。

bijoh4

組んでみたのがこちら!!




アクセントに黄色があると映える気がするので、立ち入り禁止エリア等作ってみるとよりよくなりそうですね
あと床に白線を引いたりエンジ色の区画を歩行専用通路として設けると「整備の現場」っぽさが格段に増すはず。だけどサクッと作って展示会にひょいと持っていく手軽さを損なわない程度で妥協するのも楽しむ上で大事ですね なんて思います

展示会の様子はまた後日記事にしたいと思うので一枚だけ紹介。
……なんでちょっとシュールなポーズにしたんだっけな

bijoh10



ベースの渋い色合いが引き立つようにクレーンを明るいブルーで塗ってみました。オレンジや黄色のアクセントがあればよくまとまりそうなので前述のように色を追加した方がよさそうです

展示会後に家で撮った画像をご覧ください:

bijoh6

bijoh7

人形を置くことで、1/144スケールよりも大きそうな感じを出すことがより効果的にできているかな?
もっとも、スケール感だけでなく「出撃前の緊張感」のようなドラマ性が出せるように撮りたいですね。せっかくのジオラマなんだからc(´ω`)p


bijoh8
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム