前回の記事のライガーゼロですが、

・アーマーにダークグレーの下地吹き
・キャップとフレームの一部に青緑でハイライト塗装
・一部パーツをブラスで塗って黒のシャドー吹き

をしました。


object1

object2

object3


グラデーション塗装を上手にやるには、エアブラシを動かす手を巧く制御するように意識すべきだと思ってやってきました。
しかし最近は、パーツをよく視て「この部分にこれくらいの濃さで色を乗せたいんだ」と意識していくと自然に塗装できていくことに気がつきました。

これはよく考えると当然で、目的としているのは「エアブラシを操ること」ではなく「パーツの色を変えて行くこと」なのだから後者を意識することでイメージにより近い結果が得られるわけです。

この「目的とすることを意識」というのは車の運転なんかでもいえること。運転に慣れていると、左に曲がろうとすると車が左に曲がって行くような感じで進んでいきますよね。

実際には車の方向が変わる際にはハンドルの回転角度や車軸に対するタイヤの角度や現在の速度などなど様々なパラメータが関わっているのですが、運転者はそういった細かいデータを特段意識していないんじゃないかと思います。

運転者が「進行方向」という概念に対して「こっちへ行きたい」と意思表示をすると、その進行方向に車が誘導されていくような感じ。


これと同じようにパーツ上の「色」という概念に対して「こういう色合いにしたい」と意識すれば、そこにエアブラシから吹き出される塗料が誘導されていく。そんな感じで塗っていくのがいいと思うのです。

エアブラシの角度はモデラーが制御しようとして変わって行くのではなくて、パーツが塗料を引き寄せる作用に追従して行く感じ。つまりこういう段取り;

1. モデラーがパーツのある部分に対して「この色で染まれ」と指示する
2. パーツがエアブラシに対して「ここに塗料を吹け」と指示する
3. エアブラシがモデラーの手に対して「この角度になれ」と指示する
4. エアブラシの角度が変わる
5. エアブラシの吹いた塗料がパーツに乗る
6. パーツの色が変わる

1と6だけを抜き出して繋げれば
「モデラーがパーツのある部分に対して「この色で染まれ」と指示するとパーツの色が変わる」
という、目的に応じた結果が得られる部分が明確になりますね


まぁなんでこんなことを言い出したかというと、会社でソフトウェア設計に携わることになったので「オブジェクト指向」という概念に触れた影響です。オブジェクト指向を用いて作る意義とは結局つまり何なのだろうかと考えたところ、

「何かの状態を変えたいとき、本来の目的をその「何か」伝えれば結果が返ってくるようにする」
「細かいデータは見えない部分で連鎖的なメッセージのやりとりによって処理される」
 
という部分が(システムとかの大枠を捉える段階では)大事なんじゃないかなと思いました(※)。それって車の運転とか楽器の演奏で起こってることじゃね?というアイデアが浮かんだ結果、モデラーの営みにも当てはめられるのでは? という発想に至りました。


そういうわけで、グラデーション塗装のときはパーツに色が乗って行く様子がよく視られるように十分な光量の元で作業してみよう(`・ω・´)

---

※(余談) オブジェクト指向といえばクラスやインスタンスの話がまずでてきますが、それらを使うとどのような合理的な設計ができるか?という観点に講座で触れたりしてインスパイアされましたー
スポンサーサイト
ゾイダーのフォンタナさんによるライガーゼロ・コレクティングという企画があります。締切りは当初今日まででしたが延長がありました。

この企画に参加するための作品を製作してきたので、過程をアップします〜


lzagile1

まず素組みのライガーゼロがあります(前回の記事にコマンドウルフを上に乗せてたやつです)。
今回は頭部のデザイン変更に注力することに決めたので、顔周辺を加工して行きます


lzagile2

クールな感じにしてみました(今回、過程は割愛!! 笑)。エナジーライガーのデザインを取り入れた部分もありますが、昔から好きなとある改造ゾイドの影響を強く出しました。そのインスパイア元は後述します

バイザーを付けているような顔デザインにしたいので、必要なパーツを自作します


lzagile4

透明な平たいプラ棒を貼り重ね、Uの字型になるよう削って行きます。
そして顔本体と擦り合わせをして装着。


lzagile9

うん、いいんじゃないかな
この後、光が横以外に透けないようにアルミホイルを小さく切って上下方向を遮光させました

続いてLEDで鬣を光らせる用意をします。シールドライガーのときは黄色で発光するように加工したので趣向を変えて青緑でやってみました (これにもインスパイア元があるので後述します)


lzagile3

まず、砲弾型LEDを削って薄くしたものにリード線をつけ、プラ板で囲みます。


lzagile5

光ります。


lzagile7

プラ棒で鬣風のディテールをつくって塗装。(右端が欠けるアクシデントに見舞われるも作業を敢行しました笑)


で、ベースグレーで仮塗装して仮組みしてみたのがこちら!!


lzagile10

おお、なんかアーマードコアっぽい!!
ちなみに本塗装のときもダークグレーな色にするつもりなので、だいたいこのイメージのまま完成品になっていくと思われます。
ヘルメットに相当するパーツがのっぺりしてますね。どうしよっかなーと思ったら、耳が無いことに気づきましたwww なんとかそれらしいデザインのディテールをつけよう


そしてLED点灯テスト状態がこちら!!

lzagile8

緑に光っているのはEシールドジェネレータのつもりで作ってきましたが、そう見えなくもないからいいかな?
Eシールドはアニメ等でピンク色のイメージが強いですが、ファンブックやゾイドサーガでは緑で表現されていることもあった気がするので大丈夫でしょう。


===

頭部デザインのインスパイア元は、No.29さんというゾイダーさんの代表作とも言える「ファング」です。
http://www.zoids-fan.net/zi_next/c_29_fg.html
(2005年のゾイドコンテストアリーナのページ)

初めて見たときにはカッコ良くて興奮しました。それくらいの衝撃をくれた数少ない改造ゾイドです。

また、No.29さんのサイトに掲載されている製作中機体「”焔星”(ライオン型・エナジーライガーベース)」の影響も強いです。これらの作品から意匠を取り入れたことはTwitter上で既にやりとりを交わしていまして、同意に基づく引用 (?)のような状態になっています。

これは結局「パクり」でしか無い気もしますが、自分の作品を通じて「他の人のこんなカッコいい作品があるよ」ということを知らしめていけたらいいよなぁと思うのでアリだと思います

今年に入ってから作ってるギルセルガ風機体とか、コマンドウルフの耳を後ろに傾けるのとかもそんな感じで「自分が好きな作品から意匠を取り入れることで元ネタが再注目されたらイイよね」という思惑が背景にあります


そして、「ダークグレーのボディーに青・緑色系のLEDを載せる」というコンセプトの元になったのは:


アニメ「PSYCHO-PASS」シリーズに登場する機器 「ドミネーター」です。
HMMやアーマードコア的な密度の高いディテールを持ったデザインがカッコいいですよね

2クール目のOP曲「Out Of Control」が大好きなんですが、この曲でギターがメロディックかつ細かい刻みで鳴っている部分がドミネーターの光を撒き散らす感じとマッチしているように思えてすごく気に入っています。
サイコパスは1期をリアルタイムで (=深夜に起きて) 観ていました。そのころ就活してたな
これからの2期以降の展開が楽しみです


模型のドミネーターは発光部が緑ですが、アニメでは眩い水色ですね

というわけで、「ベースグレーを吹いたところで製作中作品として投稿」という風にゼロコレには参加する予定です。でもキャップを塗装して印象を変えたいので締切りまで粘りそうです(`・ω・´;)

_/_/_/

おまけ

「Out of Control」のOP版は原曲をなかなか大胆にエディットしてあるので、元の構成のも聴いてみてください!! 「そこでこのフレーズがくるのか!!」という発見があるのが楽しいです



OP版の、サビが終わった直後にギターソロが入るのもカッコいいのでやっぱ結局どっちも好きです
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム