いよいよZAOD展示会当日がやってきました

写真をA3サイズのパネルで2つ展示するので、ちょっと紹介しておきましょう



toumeianel1

ひとつはゾイドフォトコンテスト入賞作



toumeipanel2

もう一つはこれまでの作品画像を並べたもの。屋外撮影した写真がほとんどです

さて、お気づきの通り

透明フィルムに印刷してあります!! (ああ、これは是非生で見てもらえたらと思います……!!)

「透き通るような青空」が文字通り透き通っていて
それを背景にゾイドがたたずんでいる様は
オシャレとかカッコいいとか素敵とかいろんな感覚を呼び起こします

フィルムは自作したものではなく
こちらのサイトhttp://sp.hanami.co.jp/item/backlight/backlight.phpで注文しました
展示したい写真2枚を縦に並べた状態になるよう原稿を作成し、A2サイズで印刷してもらってカットしました


-どうしてまた写真を透明にするなんてことを思いついたのかを思い出すために脱線-



音楽ジャーナリスト、柴那典さんの書籍「初音ミクはなぜ世界を変えたのか?」
がまずあります。

エレキギターやシンセサイザーが発明されたとき新しい音楽が生まれていったように、
初音ミクという楽器の誕生は音楽の文化の新しい時代を切り拓かせていった。

その「文化」が生まれていった現場こそがニコニコ動画を中心とする
日本のインターネットコミュニティにおける2007年頃からのムーブメントだった……
という具合に、ミクという存在を音楽の歴史に結びつける論考を展開する本です。

「文学フリマ」というGW中のイベントで、この本のレビュー・批評が配られるというのを知りました





連休後半の5月5日はちょうど東京にいたので、その文学フリマというイベントに足を運びました

そこで、ミク/ 音楽批評とまったく関係ないブースで
透明な写真と出会いました

訓子さんという方 http://kunko.petit.cc/pineapple1/
が自身で撮影・編集された綺麗な写真をクリアのしおりやファイルにしてグッズ化しているのを見て「これだ!!」と思いました。

ゾイドの写真を透明フィルムに印刷できたらすごくインパクトのある展示物がZAODに持っていけるに違いない、と。


そういうわけで今日に至ります

---

他にも改造ゾイド達を持っていきますので、会場に来られる方は是非よろしくお願いします!!
製作中の改造ゾイドの進捗を上げようと思います

gilguri1

HMMフューラーをもとにギル・ベイダー風の意匠を取り入れた機体。
小銃とレッドメッキキャップをつけることでゾイドらしい存在感が大きく向上しました

前回の記事の段階ではウィングの片側を途中までしか作っていなかったので、もう片側を製作する過程を追ってみようと思います

これまでミキシングビルドについて書く時「●●のパーツと××を組み合わせて、パテで形状を整えました」といった具合にざっくりとした説明しかしてきませんでした。
せっかくなので「何がどうなってそういう形ができるのか」の流れを記事にします

もともとフューラーのバスタークローを使ってウィングを製作しようと考えていたのですが、Hi-νガンダムのバックパック状に背負わせるには少しサイズが小さいように感じていました

そこでHMMプテラスの翼パーツをよく見たところ、エッジがブレード状に鋭くなっています。なのでプテラスの翼とバスタークローを組み合わせてウィングにしようと思いつきました。


gilguri2

まずはバスタークローを用意します。


gilguri3

板状になるように側面の出っ張ってる部分を削ります
そして2本を使って「へ」の字に折れ曲がったパーツをこしらえます。


gilguri4

HMMプテラスの翼を用意し、エッチングノコとデザインナイフを駆使して分割します。


gilguri5

分割されたパーツどうしを、ラインが繋がるように配置します
瞬着と流し込み式接着剤を中心的に用いてくっつけているので
接着面ができるようにヤスリでパーツの形状を調整したりします

gilguri6

可動部として、HGUC Hi-νガンダムのファンネルコンテナを用意します


gilguri7

ファンネルコンテナを分割して「ー」を「へ」にするようなイメージで接着し直し、
先ほどのアレをつけます (わざわざ名称を定義するよりアレと呼んだ方が分かりやすい場合もあると思うので語彙力不足とか言っても仕方ないぜ)

gilguri8

隙間を隠すようにプラ板を貼りこみます。
このプラ板がバスタークローとプテラスの翼とファンネルコンテナを繋ぎ合わせることで強度を確保してくれます

さりげなく副翼が登場していますが、これも同様に製作したものです

gilguri9

組み立てるとこんな感じになります
今風というかISっぽいというか厨二らしさが全面に出てるというか
気に入ってます

ということでウィングユニットができました





LEDも仕込んだりしています
翼や背負いものが形になると、恐竜やドラゴン型機体は映えますね

ZAOD展示会まで2週間なのでした
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム