透明高速道路

Category : 雑感

しょうもない話です。
小2くらいのときまで、「東名高速道路」のことを「透明高速道路」だと思っていました。
東京の「東」と名古屋の「名」でトウメイだなんてことは幼い日の自分は知る由もなく、
目に見えない近未来的な道路があることを勝手に想像していました。

そんなことをこの間突然思い出し、「本当に透明な道路があったらどんな感じだろうか」という思いつきに頭が駆られました (一時的に)

そのようにして出てきた「透明な高速道路」ということで浮かんだアイデアを以下のように分類します

1. 道路を不可視化する。例えば明石海峡大橋に光学迷彩を適用すれば透明になる。
2. AR (拡張現実)により、視覚情報を画像/映像で補正して道路がないかのように見せる

一応、「車が空中を走れる」時代が訪れていないこととします。
あくまで地上にある道を走るという前提です。

かなり荒唐無稽ですがちょろっと考えたことのメモ程度なものなので
科学的に実現可能性を吟味するとかいった観点は持たずに気楽にいきましょう(?)


1. 道路を不可視化する

海に架かる橋だとイメージしやすいので、上記に挙げた明石海峡大橋のように
陸と島を結ぶ高速道路で考えましょう。

橋が、構造力学的な頑強さと透明度の高さを両立する素材・工法で作られたとすれば
あたかも車が海の上に敷かれた道路を走り抜けていくように見えるでしょう。
晴れた日はきっととてもロマンチックだ

……しかし、強い雨の日には雨滴が橋の形状を浮き彫りにさせてしまうでしょう。
道路自体が透明で、水もまぁ透明ではありますが

道路がそこにあることが目で確かめられるようになってしまい、「目に見えない道路がある」という意味での透明さは崩れてしまいそうです。

さらに言えば、たとえ天気が良くても
渋滞して車があまり動かなくなったとき、車両の列が空中に形成されたように見えるでしょう。
すると車がどこからきて、どこへ行こうとしているのかが目で見てよく解るようになってしまいます。
「道」がはっきりと可視化されてしまうわけです。

道路が見えるのであれば、先ほどのコピペですが『「目に見えない道路がある」という意味での透明さは崩れてしまい』ます。

「これが透明高速道路だ!!」といえるものが作られたとしても
透明とは言えない理由を指摘できるシチュエーションはやってきそうです

(……あの、日常生活でこんな感じの屁理屈を周りに撒き散らしてるわけではないですよ、念のためc(´ω`;)p)



2. AR (拡張現実)により、視覚情報を画像/映像で補正して道路がないかのように見せる

先ほどと同じ様に、海上の橋を思い浮かべましょう。
まずドライバーの視点から道路がないかのように見せることについて。

フロントガラスまたは運転手・乗員のかけたメガネ型ディスプレイに「道路が存在しない場合の風景」を投影することで
目に見えない道路を走っていると思わせることはできそうです。
車自体はGPS等によるナビゲーションを利用して橋の空間座標をなぞっていくように自動運転できるようにしておきましょう。


なんかこうレースゲームでも、それまであった道路を見えなくしてしまう (ルートは矢印でそれとなく分かる様になってるとうれしい)オプションみたいなのがあったら壮快でしょうね

一方で高速道路上にいない人がメガネ型ディスプレイ等をかけていた場合、やはり「道路が存在しない場合の風景」を見せることで構造物を透明化してしまえそうですね。

視覚神経が脳にもたらす電位変化をリアルタイムに解析・改変できたらディスプレイすら必要なくなってしまいますがそれはまたさらに技術的に遠い未来の話です


まぁでもそんなことができたら道路だけでなくビルも山も透明化させてしまえますね
何もかも透明にできる世界であれば、視覚的に隠された道路をわざわざ「透明高速道路」とよぶ必要はなくなります。結局ただの高速道路でしかない。

結局透明高速道路なんてものはないのか……


実は、透明かどうかについて考えるきっかけとなったのは

「透明人間はいるかいないか」「いるよ」「見た事ないだろ透明なんだから」
という議論を扱ったコントでした。

ラーメンズの舞台「TEXT」より。


この話に登場する論理展開をそのまま透明高速道路にあてはめてみましょう。


もし、透明高速道路がない としたら?
既存の高速道路は「不透明高速道路」である。それは間違いじゃない。
不透明高速道路は、仮定的であれ透明高速道路が存在することを前提として成立する概念である。

と、いうことは透明高速道路はある。

もしそれがおかしいということであれば、既存の高速道路は透明高速道路だ。 あれ?


_/_/_/_/_/

ここで告知です。
5/31に開催される第5回ZAOD展示会in大阪に正式にエントリーしました。
会場でお会いしましょう!!

http://ameblo.jp/zaod/entry-11829430782.html
新社会人になりました
研修中は寮で相部屋だったりするのでモデリングも何もしにくくなりますがZAOD展示会準備など (エントリーもまだですが)していきたいと思います。

このところミキシングでオリジナルゾイドを作ってきたので紹介します







ギルベイダーの頭部デザインの意匠を取り入れた、HMMフューラーベースの二足歩行ドラゴン型ゾイドです。
お察しの通り、この改造ゾイドの影響を強く受けています!!

gill2
http://www.zoidstown.com/zoids/rogu/kaizou/0037/final.html

昨年6月に某氏より、ギル・ベイダーのキャノピーをクリアレジンで複製したものをご提供いただきました。
そしてそれをフューラーにつけてみました

gill1

サウロロフスとかチタノザウルスのような、面長な恐竜風ゾイドになりそうな雰囲気を出しています


それに曲面的なアーマーをつけていきます



タカトミキットのジェノザウラー、シャドーフォックス、あとミニ四駆のパーツなどを使用。





尾部はアロザウラーのもの。それをディロフォースのパーツで延長しています。
モデラーの方から譲っていただいたジャンクを多用しているので、たくさんのキットを (自分が)犠牲にしたというわけではないです……

上の段階ではまだ恐竜らしさが出ていますが、ウィングをつけてやると一気にドラゴンらしくなりました




※「こういうとき」というのは、右側のウィングを製作するのに必要なパーツを新居に送ってしまっていた事に気づいたときですwwww

翼は、フューラーのバスタークローとHMMプテラスの翼を組み合わせて作っています。
基部にコマンドウルフのジャンクパーツ等を用いることで可動性も高いです。

クリアレッドを吹いたキャノピーを設置してやることで、一気に「ギルっぽさ」が増しました。
ZAOD展示会の段階ではまだまだ製作中でしかないと思われますが、
なんというかこいつを完成させるまでモデラーであることを辞めたくないという気にさせられます

Never gonna quit it, no です。
Never gonna quit it, no!!
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム