2月もあっという間でしたね
気がつけばひと月あたりの記事数が2~3に留まるのがデフォルトになりつつあります

最近は就職活動に時間を取られていますし
気温が低いので長時間よく換気した状態で塗装していると風邪を引く原因を作りやすいので
ペースが落ちていましたが、もう少し頻度を上げたいですね

しかしひとまずコマンドウルフは基本塗装・部分塗装・スミ入れまで修了しました!

wolf_paint6

wolf_paint7

wolf_paint5

前回の記事からの進展をまとめておくと

・装甲パーツに
ビリジアングリーン+サンドイエローに白を混ぜた色をハイライトとして吹くことで
明度を上げるグラデーション塗装を行う
 ↓
・フレームパーツに、ビリジアングリーン+サンドイエロー+ニュートラルグレーIVの混ぜ色をふくことでグラデーション塗装
 ↓
・アクセントカラーとなる白と赤をマスキングして塗装
 ↓
・デカールを貼って一日乾かし、光沢コートで保護
 ↓
・シリンダー・リベット等を筆で塗り分け
 ↓
・エナメルの白でスミ入れ

という作業工程になります。

黒いパーツに白でスミ入れするとモールドが引き立って
やはりカッコいいですね

緑の装甲パーツにも同様に白を適用しました。
グレーやブラウンを用いるのがセオリーかもしれませんが、敢えてそこを踏みはずすことで
独特の質感になったので良しとします

赤色にはMr.カラーの「RLM23レッド」を使用しました
wolf_paint11

デカールの色に非常に良くマッチしていると思います。
緑に対して主張しすぎていない、絶妙な彩度なのも良いですね

wolf_paint8


これまでの作品は基本塗装が終了した段階では
仮組みして全体を観ると色彩の統一感が必ずしも取れていなくて
艶消しコート→ウォッシング等を経てようやく見れるようになった場合が多かったです

しかし今作は「全ての塗料に共通する色を混ぜておく」というアプローチを取りました。
前の記事で "みどり" と称した色を装甲だけでなくフレーム、アクセント用の塗料にも混ぜたので
装甲がフレームに対して浮くようなことがなく、
うまくまとまっているように見えます

※全て、と言ってもシリンダーの金・銀には使っていません
手間だったから笑

この調子で来月初旬には完成させたいです♪

wolf_paint10
スポンサーサイト
ベースグレーが吹き終わり、本塗装の経過報告です

装甲パーツを黄緑色に塗るため

1. ビリジアングリーン(以下、"みどり" と呼ぶ)を全体に塗る
2. みどりにウルトラブルーを混ぜたものでシャドー吹きする
3. みどりにデザートイエローを混ぜたものをハイライトとして吹く

という3段階で塗りました。

つまり、みどりを基準にして
陰影を強調したいエッジ部分は青寄りに
面の中心部分は黄色寄りになるような「彩度のグラデーション」に挑戦してみました。

結果がこちらです

wolf_paint2

コントラストの大きなグラデーション塗装時にありがちな「どぎつい感じ」があまり出ないように気をつけつつ、
影が十分に残るように塗ってみました。

wolf_paint4

同じ色を基準にシャドーからハイライトまで混色しているため、纏まりの良い発色になっていると思います。


wolf_paint3

上記工程において、
「2. は別にやらなくてもいいんじゃない?」
と思われるかもしれません。

実際に、シャドーを吹き忘れたので 1. の後にいきなり3. のハイライト吹きをしたパーツもありますwwww

しかし、手間でもシャドー吹きと言う手順を踏んでおくことで
あらかじめ「ここから先で陰影表現する」という境界線をパーツに描き込んでおくことができるのです。

この境界線をガイドラインにしてハイライトを吹く場合と、
ハイライト無しで「どこから先を陰影とするか」を手探りで決める場合とでは

前者の方が格段にやり易かったです。

今回は、塗装にもこだわった と胸を張って言える作品にしたいと思っているので
面倒ではありますが上記のようなグラデーション塗装手順で全体を纏め上げていきたいと思います


wolf_paint1

でも早く完成したところが見たいし、ウェザリングを控えめにしようかなぁ……

【追記】
「彩度のグラデーション」についてはこちらの作品にヒントを得ました。
toge_painter(トゲ)さんにこの場で感謝したいと思います

http://www.tinami.com/view/423332
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム