大学院の講義が始まりました。
講義が行われるキャンパスと研究室があるキャンパスは別の場所にあり、
原付で40分かかる程度の距離にありまして
午前中に講義を受けてから研究室にミーティングに行くなどするとなかなか大変です。

---

さて、ZAOD展示会のときにちょろっと他のゾイダーさんと話していた
「旧バトストでずっと気になっていたこと」について軽く書かせていただきます

暗黒大陸での戦いを描いた新バトルストーリー。
レイノスのパイロット「ロイ=ジー=クルーガ」についての話です。

ちなみに、この巻冒頭の「はじめに」の項で確認できるクルーガ中尉の横顔ですが、
「80年代後半~90年代のイケメン像」を捉えているように思い、時代を感じます。

※この写真でクルーガは、決意に満ちた表情をしています。
黒いネクタイを締めていることに着目すると……このようなネクタイが軍の規律では無くへリック共和国にもわが国でのお通夜・葬式での慣習が伝わったことによるチョイスだとすれば(とても強引な仮定ですが)
グラハム大尉の葬儀で見せた表情なんじゃないでしょうか。というただの妄想でした


さて、気になっていたのはこの巻の終盤、
クルーガがオルディオスで出撃しギルベイダーを迎え撃つシーンです。


オルディオスのコックピット内に、オーディオ装置の傍らにとある音楽テープが置いてある。
レイノスに乗っていた頃、コックピットでクルーガはこのテープに収められた「運がよければ」という曲を聞き、
グラハム大尉に注意されたことがあった(のは、新バトスト冒頭)。
出撃したクルーガが、このテープを再生する。


"だが、そのテープから流れてきたのは、聞きなれたドラムスの三連打ではなかった。"
と記されており、グラハムからクルーガへのメッセージが流れます。


ここで、何が疑問だったのかというと
「ドラムスの三連打って、何を3回叩いたのだろうか」
とうことです。

「何を」というのはードラムスにもシンバルとかバスドラムとかいろいろ構成要素がありますよね。
その中で曲の冒頭で3連打するとなるとどういうドラムフレーズになるのか、というのが気になっていたということです。
(ストーリーの流れとか全然関係ないw)

「運がよければ」は3拍子の曲だと仮定すれば、「ワン、ツー、スリー」というカウントをハイハット3連打で取ったと考えられます。
そういう曲がパッと思いつかないので例示できないですが…

しかし、たとえば

http://www.youtube.com/watch?v=AO-JtMzqXhU&ob=av3e
(Everything is my guitar/andymori)
この曲のように4拍子の「ワン、ツー、スリー、フォー」というカウントの最初の3拍を強調したため「3連打」と解釈したのかもしれません。 
ってかこれ滅茶苦茶カッコいいですやん andymoriは本当にオススメです


また、4拍子の曲に3連符で入るタイプかもしれないです
http://www.youtube.com/watch?v=huTEY8BPnic
(ソシタラ~人気名前ランキング2009、愛という名前は64位です~/The Mirraz)

こうして
"運がよければ、彼女はお前を待っている"
というフレーズが、暗黒大陸の海岸線で置き去りにされたまま飛行可能な状態でクルーガを出迎えたことに対するメタファーとなる「運がよければ」が、
実のところどんな曲なのかを想像してみるのも旧バトストの奥深さを堪能するひとつの在り方かな、と思います。


2012春

Category : オフ会

展示会のレポートの続きを期待されていたら申し訳ないですが、日常的な話題です

4/4には、就職活動で京都に来られたhirokiさんとお会いしてきました。
自分も理系の大学院生になり、来年春には就活する(はず)なので、ためになる話が聞けてよかったです

今ではゾイダーがオフ会やプチオフとして面会をすることも珍しくないですが、
そういった機会があまり無かった時期(2004~2006くらい?)に
hirokiさんはキャラホビの後にあのアキノコさんや軍人さんとオフ会を敢行、
カラオケボックスでゾイドを広げたそうです!!

某所でゾイダーさんとチャットしていたときに、「(ZOIDS CONTEST)アリーナは第1回の作品が特に好きなんですよね」といった声が聞かれ、その頃活躍してしたゾイダーさんともっとお会いしたいなー、と思う今日この頃です

京都の西大路七条というところにあるボークスホビースクエアに行き、店内をぶらぶらしていました
1階には春をイメージした撮影ブース(ドール用?)があったため、持ち込んでいたゾイドを撮ってみました




april4_01

april4_02

april4_03

april4_05




携帯画質で残念……カメラ持って行けばよかったなぁ

西大路七条のボークスは、今では表に「模型」と書かれた大きな看板やショーケースが
西大路通りに面して設置されており、思わず引き込まれそうになりますが、

2010年冬に初めて行って見ようとしたときには上記の看板やショーケースが無く、
外からはただのオフィスビルにしか見えず、夕方で何の建物なのか判別しづらかったこともあって
そこにボークスがあるにもかかわらず「見つからないなぁ……」
と周りをうろうろした挙句に諦めて帰宅してしまいましたwww



hirokiさんと別れたあと、15:00過ぎに、サンダースさんと京都・四条河原町付近でプチオフしました。
渡すものを預かっていたのです

模型店に入ると、兵士フィギュアのコーナーで話がはずみます。
DRAGONというメーカーのものがオススメとのこと。
アートスタチューを拡張した小スケールヴィネットなども面白そうという話に。

なるほど、人形の1体1体がそれぞれの役割・ドラマを演じ分けているキットが多いようです
自分、人型を絡めたヴィネットはいつ作ることやら……
早くともアリーナ締め切り後でしょうかね



その後4/9には、フォンタナさんが京都に来てらっしゃるということで
みけけさん・フォンタナさん・閃雷の3人で、個室居酒屋にてプチオフ!!
18:00過ぎに店に入ったのですが、話し込んで気がついたら22:00を回っていました。
本当にあっという間だった……

ちなみにこんな話をしていました

・梅田キティランドが全国的にもゾイドの売り上げがトップクラスだった件

・そのキティランドのスタッフさんにZi-craft unionのメンバーの方がいて、ゾイドコーナーに物凄く熱が入っていたという話

・そのキティランド梅田店でのコンテストにトクショーさん(あの「翔龍輝」でエントリー)やコレルさん、みけけさんが参加しており、激戦区中の激戦区であった話

・その時期大阪に来ていたフォンタナさんは翔龍輝を生で見られたとのことが僕にはとてもうらやましい

・旧ゾイド時代には可動化改造はあまりされていなかったが、2012年現在のように市販のボールジョイント等手軽に使える関節パーツが当時は無かった

・ファミコンのゾイド2が傑作らしく、みけけさんにファミリーコンピュータごと貸してもらえるかも

・ゾイド系サイト運営者がアクセス解析をすると都道府県別のアクセス数が分かり、ゾイダー分布図の概要が分かってくる 

・海外からのアクセスでは米国、シンガポールが多い。ZOIDS POISON等、現在でも活発なゾイドフォーラムが海外には健在

・北海道ゾイドミュージアムが、熱い


・旧ゾイド時代、小学生くらいの子供の遊びが今ほど多様化していなかったため、子供の多くはトランスフォーマーやゾイドに出会っていた

・閃雷は小1~2の頃は、ミニ四駆・ビーダマンが好きで、小4の夏にゾイドと時を同じくしてレゴに夢中になりゾイドの基地をレゴで作ったとかうわぁ懐かしい二度と戻らないあの頃のイノセンス(モチツケ



ゾイダーが集まっているのに珍しくゾイドの話しかしていない(←!!???)にもかかわらず、
4時間なんてあっという間でした。


1週間で3件もオフ会ができた、充実の春なのでした
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム