こんばんは。今年も残すところあと少しとなりました。
簡単に今年のふりかえりをしていきます

①今年の完成品紹介

プラモ完成品は3点でした。

■MSSゴドス



■HMMデススティンガー



■ディムフリント・エアロ



自分にとっては今までで一番大きなHMM作品である、デスステをフル塗装で完成させることができて良かったです。3月中旬に本格的に製作を始め、ZAOD展示会前日には間に合わせることができたので実質1ヶ月半の短工程でした。GWはじめ休日をうまく利用できたこと&天候にめぐまれて塗装がスムーズに進んだことなど追い風もあり、集中して作業すれば結構サクっとできるもんだなと思います。

MSSゴドスは2015年から残っていた未完成品だったので、それを納得のいく形で仕上げることができたのも良かったです。


②今年の良かったこと・改善したいこと・今後挑戦したいこと

【良かったこと】
■TwitterでRT数2000件超えのネタを投稿できた


自分の作品・自分の撮影スタイルに関する投稿が多くの人に届いたというのはなんかそれだけでうれしいです。
ちなみに、それまででいちばん伝播力が大きかったのはこんなネタでした↓↓




■カメラのレンズのレンタルをしてみた
「マップレンタル」というお店があります。
http://www.maprental.com/

ソニーのミラーレス一眼を持っていたので、ここで交換レンズだけをレンタルして単焦点レンズや広角レンズを試すことができました。入会金がかかりますし、東京に行ったついでに店舗で受領&返却、という段取りが踏めないと送料が掛かってくるとはいえ、買おうとすると結構なお値段がするアイテムをお試しで使ってみるにはすごくいいサービスだと思います。そうやって経験値を積むのが大事なんだなと思います

単焦点レンズで撮ったのがこれ。
DSC00572.jpg


広角レンズで撮ったのは、上で挙げたRT2000超えツイートのデススティンガー画像や、こちらの枚方T-SITEです。

DRxW7m9UEAEnsnc.jpg

枚方T-SITEのとなりのサイゼリヤのエレベータはピーチティーの香りがするっていうどうてもいい情報があります。


■屋外撮影にあちこち行けた
コマンドウルフを連れて台湾に行きました。




デススティンガーを連れて東京&横須賀に行きました。



ゴドスを連れて神戸に行きました。


(神戸に行く用事のついでにゴドスを持って行ったと言いたいところですが、メインがゴドスでついでにルミナリエも撮ろうかという感じの段取りだったと言えなくもない)


ゴドスは今回の年末帰省にも連れてきています。




【改善したいこと】
■未完成品が捌けていない
毎年書き続けてる気がしますが、HGUCジムスナイパーⅡとHMMフューラー改造機は去年の時点から進展ありません。
来年こそはやりたい。特にHMMフューラー改造機はZAOD展示会に向けて製作するように進めていきたいと思います。


■新しい交流に乗り出せていない?
展示会に初参加された方がたくさんいらっしゃいましたが、自分から話しかけに行くこと無く終わってしまって勿体ないなぁと感じてしまったケースがあります。自分の作品を「見てください!!」とアピールしていくように、積極的に働きかける姿勢でいたいなぁ


【今後挑戦したいこと】

■上記「改善したいこと」をちゃんと改善させる (笑)
せっかく書いたんだから守ろないと意味ないぜ、みたいなことは思いますwwwwwwwwwwww


■ジオラマ作成!!
実はデススティンガーを飾るためのベースとしてタカラトミー版キットのパッケージのような、燃え上がる溶岩ジオラマを作ってみたいなと思っていました。デスステ本体を展示会に間に合わせるだけで必死だったので割愛しましたが、持ち運びに困らないサイズでいいのでなんかやってみたいです。あと、MSS用に格納庫・整備場みたいなものを製作できたらコンパクトでも撮影時の世界観が拡張されて良さげかな と思います。


ということで振り返りでした。

===

ここからは毎年恒例 (?) 今年の「おもしろツイート10選」を貼っておきます。
これ、モデラーとしてのブログで書かなくてもいいんじゃないかと思う部分もありますが「自分はこういうネタがツボなんだ」っていうのを収集してまとめておくことで、後からまとめ振り返った時になんか浮かび上がってくるものがある気がするので毎年続けていくつもりでいます笑

【断空砲フォーメーション】




【GP03ステイメン】




【マグロさん】




【コモドオオトカゲ】




【ストームトルーパー (じゃない)】




【「君の名は。」ハリウッド版製作決定だってね!!】




【野菜を食べましょう】




【牛が野菜を食べてます】




【パノラマ写真クライシス】




【団体さんのお出ましだぜぇ】



---

そんなわけで今年も無事に終わりそうです
来年もよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
(基本的に作品の核心や展開には触れず、ネタバレにはなっていないですが
映画を観てからの方が内容が伝わりやすいと思います。)

先週土曜日、早速「怪獣惑星」観て来ました。

絶望の虚淵脚本の衝撃展開、櫻井孝宏キャラのミステリアスな立ち位置 (渚カヲルくんぽさありましたね)、ゴジラに立ち向かう勇気と尊厳、次作「決戦起動増殖都市」に期待を寄せさせる終わり方などなど面白い点がたくさんある作品でした。

物語の設定そのものとか、冒頭で過去の怪獣映画の名脇役が出てくるところ (カマキラスとオルガとダガーラには笑った)とか、「諦めたら、そこで……」「謀ったな!!」「買いかぶり」などの各種オマージュセリフとかとか、いろいろ語りたいところが生じました (「買いかぶり」はシン・ゴジラのイズミちゃんによる「買いかぶり過ぎだ。赤坂先生の手腕だよ」を思い出した)。

いろいろ語りたいところがあるだけに

  • 舞台設定

  • 印象的だったシーン (1つ)

  • 次作のポスターについて



に絞って感想述べます。

【舞台設定】

 これまでの怪獣映画やパニックSF作品というのは、日常が怪獣により侵食されるという筋書きが一般的だったと思います。それが今回は、そもそも人類は地球にいても箱舟で宇宙に繰り出しても結局救いがもたらされないような、どん詰まりの状況にいる。そして地球に戻って来たら、ゴジラが「上陸」するとかではなく 最初からそこにいる。

これって、暗い話になっちゃうけど今の世の中というか、どんなに働いても苦労を重ねてもどこか報われないムードから逃れられない、現実の日本の痛烈なメタファーみたいだなぁと思いました。

1954年や1984年のゴジラが、経済成長する世の中で核の脅威を寓話化したモンスターだったとしたら、
出口のない闇に漕ぎ出してしまった世界に君臨する、絶対的絶望の象徴が2017年のゴジラなんだなぁと。

あと、「ゲマトロン演算」などの超難解なワードが飛び交いながら気がついたら亜空間航行が終わってる様子っていうのが、アメリカ・EU・ロシア・中国など諸外国が生む大きな奔流に対して主導権・イニシアティブをとる力など無く混迷の情勢の中を漕ぎ続ける日本のイメージみたいに感じられました。

それはとってもえげつないですが、そういう寓話化された現実を直視するからこそ、後半でハルオ達が立ち上がって戦うことを決意するくだりがグッとくるように思えます。


【印象的なシーン】

 物語の中盤。地球に降り立ったハルオが、白い花のようなものを見つけて「待っていた……俺たち(地球人の帰り)を……」という内容のことをつぶやき、感極まるシーンについて。

ここはハルオの感情の動きが急で、「別に地球人の帰りを待ってたわけでもなくて勝手にそこにあっただけじゃん」と劇場では思ってしまいました。冷静に状況を述べるマーティン博士 (杉田智和の落ち着いた声がとてもいい味出してる)の暖かみがむしろ目立った感じ。

だけど、観終わってから振り返って、このときのハルオの心の動きって (大袈裟には違いないけど)自然な反応だよなと思い直しました。久しぶりに故郷に戻って、何かがそのままだったとしたら、それが自分を暖かく迎えて「ただいま」と言ってくれてるような感慨ってあるよなぁ、と。

自分の体験でいうと、実家を離れて一人暮らしして、久しぶりに帰省で戻ってきたときがそう。
自室の棚に並んでるマンガとか、玄関の靴箱の中にある古い運動靴とか、そういうアイテムが自分にとって、過去の自分と結びついている=時を経て戻ってきた自分を迎えてくれる存在のように思えたことがありました。

ゴジラに立ち向かうことで人類が正義や尊厳を奪還できると思い立つのも、白い花を「自分を待っていてくれた」と捉えるのも、どちらもざっくり言ってしまえば「身勝手な当事者意識」かもしれない。だけどそういう感情・反応によって心の中に熱い「たぎり」のようなものが芽生え、自らを奮い立たせて困難な状況に対峙できる。自分たちを未来へ突き動かしているのはそういう身勝手なエモーションなのだ (だから大切なことだ)と思いました。



【次回作ポスター】

2018年5月の「GODZILLA 決戦機動増殖都市」について。


 すでに、ポスターに写っている物体が「メカゴジラらしき存在」であることがメディア情報で出ていますね。
これなんですが、いちばん手前にあるのは頭部なのでしょうか。怪獣の頭っぽい感じのフォルムではないですよね。ということはなんなんだろう (前日譚の小説「怪獣黙示録」は未読で、そっちに記されているのかもしれないですが勝手に妄想します)。

爪らしきものも写っているので、体の前方であることは間違いなさそう。手前にある装甲板のようなパーツの奥から光が漏れているのを見ると

  • 変形して奥から頭部が現れるのか?

  • あるいは変形して奥から接続コネクターが現れ、パシフィック・リムないしマジンガーZみたいに頭がやってきてドッキングするのか?

  • そもそもこいつはメカゴジラそのものではなく、メカゴジラを遠隔操作するメカであり、もっと怪獣じみたフォルムの別個体が眠っている……のか?


とかいろいろイメージしちゃいますね
こうやってあることないことを勝手に頭の中で想像してるときが楽しいんだよ、連続作品ってのはァ!!!!

まぁ、実際観ているときには「わぁい櫻井孝宏 おれ櫻井孝宏大好き」「わぁい杉田智和 おれ杉田智和大好き」「わぁい小野大輔 おれ小野大輔大好き」な声優名演に浸りつつ、圧倒的な絶望感に心を抉られる作品として楽しめました。


なんかあっという間に11月も下旬ですね。
次の記事がもう2017年まとめみたいになるのかなと思うと、時の流れの速さを感じます
今年のまとめです。

①今年の完成品紹介

2点できました
■アイアンコング・チェリーボム


■1/35 タチコマ


ほかの作品は製作中のままですが、やりたいように塗装できたと思います。
この2作品を含んだ集合写真を夏に撮りました

Cpm4p4KVIAEiKTu.jpg


②去年の年末に挙げた「2016年に挑戦したいこと」が達成できたか評価

2015年のまとめ記事はこちら

2016振り返り

アイアンコングの動画というのはこちらです:



半日で撮影、2時間弱で動画編集しました。
作品紹介のために気軽に動画をつくると良いプレゼンになるんじゃないかと思いました。

③今年の良かったこと・改善したいこと・今後挑戦したいこと

【良かったこと】
■コミケに行ってみた
IMG_9109.jpg

IMG_9535.jpg

IMG_9537.jpg

夏コミ・冬コミ両方共足を運んできました。
いろいろな発見や交流のきっかけになります

模型写真を印刷物にするとしたらどんな紙質・どんなサイズにするのが良いかとかそんな事を思いながらブースを回ってました


■第一次スタンドリバー会戦に参加した
前回の記事参照です。




■Twitterが楽しい

もともと、「モデラーさんとつながって、製作の上で有益な情報を得たい」みたいなモチベーションでTwitterをしていた気がします。が、今ではゾイドファンの合流点・結節点として、好きなコンテンツに対する反応を共有して楽しむ場になってきています。

上記スタンドリバー会戦等イベント時の雰囲気は特に楽しいですね
これからも自分にとって居心地のいいところであったらいいなと思います


【改善したいこと】
■未完成品が捌けていない
HGUCジムスナイパーⅡ、MSSゴドス、HMMフューラー改造機は去年の時点から進展ありません……
来年は少しずつ完成品に変えていきたいですね


■作業時間が減った
仕事で残業時間がそれなりに多いのは前からなんですが、「体調を崩して仕事に支障をきたすと嫌だから睡眠時間は削らない」みたいな選択をするようになりました。

一方でつくりたいものはたくさんあるので、時間が取れる休日に集中力を高めて効率的に作業できたらと思います
次回ZAODまで、製作に充てられる休日はたかだか有限回しかない(あたりまえ)ので、今年の冬の終わりに気温が上がってきてから春先までが勝負どきかなーなんて考えてます


【今後挑戦したいこと】

■HMMベースの新しい作品をつくりたい

できれば、ライガーゼロよりも大きな機体を製作したいですね
以前よりもグラデーション塗装やデカール貼りにおいて「狙った部分を狙ったように処理できる」力は上がってきたように思うのでそれをぶつけたいっす

■屋外撮影の経験値を増やす
今までMSSゾイド作品等を屋外で撮影した写真をアップしてきましたが、その一部は実は海外で撮ったものでした。




国内でも沼津や仙台で撮っています。
「ゾイドを撮った場所マップ」をもっと拡げていけるように出かけていきたいです~

■朝、作業する日をつくる
完成品を増やすために作業時間を増やしたい……というわけで、パテ盛りや表面処理、デカール貼りなんかは出勤前に実施する火をつくりたいです。そう意気込んでいつつも寝坊しちゃう日に結局なってしまうのでしょうが、まぁ早寝早起き型生活したいです~


---

ということで振り返りでした。なんか生真面目なうえに当たり障りのないことしか書いてない気がするので、気分転換に今年の「おもしろツイート10選」を貼っておきます!!!!


【明の皇帝たち】




【事故紹介】




【ミシンが縫える仕組み】




【斬新なシフトレバー】




【偉人たちの名は。】




【壮絶なエロゲのひとコマ】




【車線変更クソワロタ】




【恋をしているときのこと】




【ライガーゼロファルコン】




【アメイジング物理現象】



---

そんなわけで来年もよろしくお願いします!!!!
このブログ、開設してから実は5周年を迎えてるのです (オープンは2011年7月!!)。
たまには過去を振り返る記事を書こうと思います。

最近Twitterで見た「#自分の作った中で越えられない作品をあげる

というタグにインスパイアされました。


【2011〜2012年】
ネットに作品を上げ始めたころはミキシングビルドの作品にこだわって作っていました。

lrg114302_0_809745.jpg


ismidio1

しかし、異なるキットから持ってきたパーツをきちんと接続できるように加工していなかったので、部品が外れやすいという問題が生じてしまいました。

そういうわけで、カッコよくつくればいいというものではなく
丈夫に作ることでオフ会に持って行きやすくするとかいうのも大事なんだなぁと気づいて行きました。

なんにせよミキシングでゾイドを作る時、「はじめからこういうキットがあるのかと思った」と勘違いされるくらい自然なラインに仕上げるのが好きです。

そういう観点でいうと達成度が高いのはこの作品かと思います;

gjr1


end13_6


vinet36


丈夫に作ったのでパーツが取れにくいという満足感もあります。
初挑戦のジオラマがなかなかうまくできたのも良かった

---

【2013〜2015年】
ミキシングしたがりな性分に転機が訪れたのは、2013年に友人の依頼でHMMコマンドウルフ アーバイン仕様を作った時かなと思います。

15083813_1971954969_arge.jpg


15083813_1971954957_178large.jpg


塗装だけでも自分らしさって出せるんだなぁと思いました。

HMM機体のフレームに全力でグラデーション塗装するという滅茶苦茶手間のかかる作業に真っ向から挑んだ作品でした。今ならさらに綺麗に塗れる自信があります……時間さえ取れればですが……


このウルフを作ったあたりでMSSゾイドの魅力に気づき、ゾイドを連れて屋外撮影するようになりました。

模型単体ではなく写真で捉えるなら、2013年の9月に旅行先の島で朝焼けの中で撮ったこの一枚は多分越えられない作品だと思います。

IMG_1841_new.jpg


たまたま良い感じの岩があって、
たまたま夜の間に降り続いた雨が上がって空が澄んでいて、
たまたまシールドライガーとセイバータイガーの距離感が絶妙になるような置き方をしていた。


そういう偶然のせいにして「越えられない」ことにしようと思います。

(ちなみにこの画像、CGじゃなくて屋外に置いたゾイドをそのまま撮って明るさ等補正しただけです。サイズ変更以外の加工もしてないです。自分でちょっと信じられないです。なんでこんなの撮れたんだ?)


MSSゾイドにLEDを仕込んでいるうちに電飾にハマりました。
HMMライガーゼロのストライクレーザークローを青く光らせたりしました。


zaod6_5

この「ライガーゼロ・アジャイル」はミディアムグレーで塗ったので、暗いところならともかく、展示会やオフ会で使うような明るい屋内で撮るにはちょっと地味なんだよなぁと最近感じています。

CASも作ろうかなー


---

いろんな作品上げてきましたが、最新作には常に前の作品より進歩した点があるように思います。何もかもが越えられない完璧な作品というのはきっと生まれ得ません。

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね」と某作家のデビュー作のド頭に書いてあるのと同じことです

なのでこれからも楽しんで作っていきたいですねc(´ω`)p

今年の総括記事です。
完成品は2つ。

1. ライガーゼロ・アジャイル

まさかRT数が200を越えるとは思っておらず、ライガーゼロの人気の高さを実感しました。

2. ツインホーン (Ver. FADED PINK)。

タカトミ版の小型ゾイドなので短い製作期間で形にすることができました。

ここからは1年のモデラーライフ全般の振り返りとして、

  • 「よかったこと」

  • 「改善したいこと」

  • 「挑戦したいこと」


を順番に上げていきます。


  • 「よかったこと」

    1. スライドショー動画を投稿できた

    2. 2013年夏から撮ってきた屋外撮影写真を、今年の3月11日にスライドショー動画として投稿しました

      BGMを編集するのも楽しかったです

    3. ブラックライトの表現ができた

    4. ゾイドを展示するベースの模様に蛍光塗料を吹き付け、妖しく光っている様子を出す試みをZAOD展示会でやってみました。
      kpt15_2

      使用した蛍光塗料はこちらです:
      ガイアノーツ「蛍光ブルーグリーン」
      見てくださった方々の反応はかなり良かったので、今後もブレードや反射板の表現などに適用していきたいですね


    5. 窓から朝日が良く見える部屋に引っ越した

    6. 12/23に会社の近くに引っ越したのですが、4階に部屋があるので東向きの大きな窓から朝焼けが良く見えます。
      この光の中でゾイドを撮るのが楽しく、寒いのに出勤前に窓を大きく開けて撮影しました。

      kpt15_4

      kpt15_3

      kpt15_5

      橙がかった自然光を取り入れるだけで、撮影がどんどん楽しくなっていきました。良い刺激になりました。



  • 「改善したいこと」

    1. ZAOD展示会で遅刻した

    2. (笑)

      ひとつ前の展示会 (2014年)の会場: 大阪の日本橋が家から近かったことから油断していたのでしょう。
      あるいは仕事がキツめのシーズンだったので疲れがたまっていたのでしょう。
      次回は気を付けたいです

    3. 製作途中作品が増えてきた


    4. kpt15_1

      ジムスナイパーⅡ、MSSゴドス、去年のZAOD展示会に向けて製作していたワイバーン型のミキシングゾイド (上の画像)など、完成させるべきものはいくつもあります (でもLBアイアンコングに手を出した笑)。

      ジムスナイパーは下地塗装まで終えているので早めに仕上げていきたいです。
      その他の作品はいじっているうちに変えたいところが出てきたりするので、まったりやればいいかなと思ったり



  • 「挑戦したいこと」

    • また動画をつくる

    • 先の方で紹介したスライドショー動画を見直すと、もっと文字による解説を取り入れたらよかったなと思いました。製作者の意図や思いがよりよく伝わるような、作品や工作過程を紹介するムービーを編集したいと思います。

    • LED工作のレベルアップ

    • より輝度の高い素子を使用したり、点滅回路を導入してみたり……と何か新しいことを始められたらと思います。

    • 光沢仕上げの挑戦

    • これまで艶消し+軽いウェザリングをひたすらやってきましたが、イカしたカラーのスポーツカーのような表現にも踏み込みたいと最近思うようになりました。綺麗な表面処理ができてこその光沢表現なので、基本を押さえて丁寧にやっていきたいです



なんかいつも以上にまじめな感じの振り返りになってしまったので、笑って年を締めくくるために
今年の面白かったツイートまとめを投下します

























……サイトに埋め込む形式にすると、本文よりも画像が先に表示されてしまうので「どんなネタかな→画像をチェック」という流れにならないのが惜しいですね

そんなわけで、今年お世話になった皆さんありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。

I Do ZOIDS LIFE!!
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム