映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」について書きます。
既に観られた方と「あのシーンってこういう解釈できるよね?」と語るきっかけのような記事です。


---ネタバレ要素ありまくりなのでご注意ください---



 今まで3回観たんですが、エンディング曲がはじまるときの夕焼け空のカットが特に好きになりました。

軸を外れて転がり回ったあの観覧車が、斜めに立てかかって静止して、茜色の夕陽に包まれている。空はだんだん紫色を帯びていく……。

この場面なんですが、ブッ壊された観覧車を数秒間写すシーンだからこそ良い絵面だなぁと思うのです。


演出上の意図等は把握してないのでひとりのファンとしての個人的解釈なんですが、
「壊された観覧車」というのは「非日常空間を瓦解させたことの象徴」のように思います。


一般的には遊園地/テーマパークって、家族で行くにせよデートで行くにせよバイト仲間とかで行くにせよ、「非日常」を楽しむ場ですよね。



そこを戦車で戦うフィールドにして、観覧車も西部劇のセットも橋も壊しまくって、大洗女子学園は勝利しました。



「非日常空間を壊す」ということは裏を返せば


「日常に立ち返る」ことを意味します。


みほ達にとってそれは、「学校を、学園艦を奪還する」ことに他なりません。


本作のストーリーを端的に言えば「試合に勝って、学園を解体から救う」という内容です。


だから、勝利に至る ( = 日常を奪還する)過程のメインは
非日常空間の象徴たる遊園地を滅茶苦茶にしちゃう戦闘として描かれたんだと思います。


その結果として転げ回った観覧車をエンドロールの始まりに持ってくることで
大洗女子学園の戦いが確かに報われたことが印象づけられたように感じました。



エンディングの夕焼け空は単に綺麗なだけじゃなくて、家に帰ることを想起させるイメージになっているんですよね。
そこに瓦解した非日常空間が一緒に描かれることで、家に帰るだけじゃなくて学校に帰れるんだということが言外に印象付けられる。



「試合に勝って、学園を解体から救う」というストーリーが、シンプルだからこそめちゃくちゃ熱くて力強かったなぁという感慨に浸らせてくれる情景でした。


※もちろん、遊園地というのはいろんな仕掛けがあってギミックや演出が盛込みやすかったから舞台に選ばれたのでしょうが、深掘りして意味を読み解くのも面白いということで解釈を書いてみました


---

そんなわけで、「ガールズ&パンツァー 劇場版」は最近観た映画の中でも、いやこれまで人生で観てきた映画の中でも特にお気に入りの一本になりました。自分にとっては、好きな映画は? と聞かれたときに「時計じかけのオレンジ」「冷たい熱帯魚」「トレインスポッティング」「パシフィック・リム」あたりと並べて「すぐ挙げる一本」になりそうです。

他にも好きなシーン・印象的なネタいろいろあるので列挙:

  • リヤカーから崩れ落ちたパイプ椅子の下敷きになってもそんなに痛そうにしない桃ちゃん、すごい強いじゃん

  • 「マカロニ作戦・ツヴァイ!!」←アンツィオにインスパイアされたのにドイツ語かよ!! Σ(゚Д゚)

  • 西住しほさんが脚を閉じずに座ってることがわかるアングルがあって、勝負にのめりこんでたことが伝わった (お淑やかなレディは基本的に脚を閉じて座ると思ってる俺)

  • ドゥーチェの「とりあえずパスタを茹でてからで良いか? (真顔)」→秋山殿が鍋持ってきてそうだから実現しちゃいそう笑

  • そういえば「静止した観覧車」って「車輪が止まった→戦いは終わった」ことを印象付けるカットでもあるよね



劇場でとってもいい気分で観られたので、思い出に浸るためにもしばらく円盤が出るのを待つことにしますc(´ω`)p
先週、映画「ハーモニー」を観てきました。



この作品、原作の小説は生涯のベスト5に入るくらい好きな本なので、めちゃくちゃ楽しみにしていました。感想等語りたいことがあるので記事にします。

※以下、作品の核心および原作と劇場版の相違に触れるので未だ観ていない方は注意!!!!

※ストーリー概要や登場人物の解説は省略!!




<クライマックス>
 チェチェンの峻厳な山岳地帯にあるバンカーで主人公: トァンとミァハが再会するシーンについて。ここは原作と劇場版で描き方が大きく違っていたと感じられまして、「あれ? と思ったけど映画版の流れもあれはあれで良かったと思う」ということを書いておきます。

原作は、端的にいうと
「父とキァンが死ぬ原因となったミァハが憎い」
→ミァハの望む通りにさせたくないから、「ハーモニーの世界」に行けないように復讐として銃弾を叩き込んだ

映画では
「ミァハが好き」
→意識を失くして『ハーモニーの世界』に行って欲しくないからこの場で死んで

というストーリーにそれぞれなっている、と捉えました。

原作を読んだときは、主人公にとってミァハが復讐の対象になってしまうことで「せっかく再会できたのに、憎しみの対象として対峙しなければならなかった」という悲しさがとても印象的でした。

ただ、主人公がミァハに復讐したいという念を抱いていることがハッキリと語られるのは本編最後の数ページのところでした。それは読み手に唐突に突きつけられる衝撃があったのですが、もしそれをそのまま映像作品として描いたとしたら。唐突さが却って「え? 何で?」という戸惑いになり、ストーリー全体のトーンに不整合がある印象を与えてしまったかもしれません。

映画ではキャラクター同士の触れ合いが濃厚な百合っぷりで描かれていたこともあり、美しく終わっていく印象を与えるために「愛されたままミァハは死ぬ」というシーンになるのは多いにアリだと思いました。

この映画はもともと、「虐殺器官」の後に公開される予定でした。
残念ながら公開延期となってしまった虐殺~ですが、最近読み直したところ「自分を赦してくれる人の喪失」が重要な要素として描かれていると感じました。

そういうわけで、仮に「ハーモニー」を虐殺器官と続けて観た場合、「罪・罰・赦し」という観点が印象に残った状態でこの作品を観ていたということが予想されます。トァンがミァハと再会するとき「トァンはミァハを赦す人にも罰する人にもなり得る」というポイントが浮かび上がってきます。

原作ではトァンは「罰」を与えることを選びました。
一方で劇場版ではミァハを憎まずにいることで、ミァハを赦したように読み取れました。それでいてミァハは撃たれてしまうことで、いわば「人を赦して罪を罰する」ストーリーになった。

だから「二人の関係が美しいまま物語が終わっていくのは原作と違うけど、虐殺器官とは異なる『赦す人がいた』物語として描くことで美しさを印象づけた作品だった」と捉えて肯定したいと思います。

<ラストシーン>
 これは自分なりの解釈ですが、石板のようなものにetmlで物語が綴られていく場所は、死後の世界だったのではないでしょうか。

キァンのような姿の女の子と、ストーリーを綴っていく石板の無機質さは、そのまま「自分の体が自分のものであることを証明しようとして死んだ者」と「わたし=null となった後の世界で死んだ者」
の対比として描かれていたのだと捉えました。

<その他>
・山岳を行くロボットのデザインがすごく良かった。無機質だけどなんか可愛い
・三木眞一郎のイメージがガンダム00のロックオンから更新されていなかったけど、ヴァシロフはハマっていたと思う
・友人がtwitterで「絶対にチェチェンの峻厳な山岳地帯に聖地巡礼に行こうな」と言っていて正気じゃねぇと思った

以上、映画「ハーモニー」についてでした。
たまにゾイド以外の記事を書くのもいいですね
MPZシールドライガーについて、模型誌情報や動画で続報が出てくるにつれてどんどんワクワクしてきています(`・ω・´)

Twitterでも盛り上がりを感じます。「これカッコイイ!! ほしい!!」というエモーショナルな納得感を得たゾイドファン続出です。amazonでは「ホビーのベストセラー」カテゴリでランキング8位に来ています (少し前ならもっと上位だったみたい)

amazonranking1

(5位の真姫ちゃんフィギュアいいなぁ……)

3月には「サンプル画像を全力でレビューしてみる」なんて記事を書いてみましたが、4月29日に上がったデザイナーインタビュー動画を見ていたら一層ゾイド熱がたぎってきました

件の動画;



こういう動画が上がってくること自体がゾイドに対する熱量や思いが伝わってきてなんだか嬉しいです。
印象的だった点を自分なりに整理して挙げます!!

1. キットのカッコ良さの裏付けが伝わってくる
 
試作品を見たときに「無骨かつスマートだし顔も精悍でカッコイイ」という感じを抱いていました。そのときは「なんかカッコイイ」程度のもやっとした印象だったのですが、具体的にどんな工夫が施されているのかがデザイナーさんから語られることで

  • 胴を延長しつつミサイルポッド支持アームを幅広くすることでバランスを保っている

  • 頭頂部の鬣が背部ビーム砲カバーのラインに滑らかにつながる

  • ライオン特有の顔立ちを表現するために鼻先のシワを表現

  • 猫らしい内股を再現

  • etc......


というアレンジのおかげか!! と気付かされました。

……「かわいいは作れる」と言いますけど、「カッコイイもつくれる」んですよきっと。だからメカデザインに関しては「どうしてカッコ良く見えるのか」はある程度説明可能なはずで、その「どうして」が理解できたときの楽しさがこの動画にはあると思いました。


2. シールドライガーの魅力が改めて語られる

  • 無骨な機械らしさと生物的なしなやかさの融合

  • ライオンの毛並みを冷却装置に読み替えて活用する


などについて言及があることで「ゾイドのデザインは絶妙なバランス感覚で成立している」「ライオンが毛を用いて体温低下を促していることをメカとしての放熱フィンに置き換えている」という面白さ/奥深さに触れられましたc(´ω`)p


3. メーカーの熱さが伝わってくる
 前述の2つに比べて、この点の重要度・好印象度・新鮮さは遥かに上だと思います。試作品でギミックの試行錯誤をしてきた苦労や、TVアニメにスタッフとして携わっていた方々からアドバイスを得ていたことなどから「もっと熱く、もっと真剣に、良いキットを完成させたい」という思いが伝わってきます。
 
 単なる商品紹介と違って、作り手が顔を見せてゾイドを熱く語ってくれるのがいいと思いました。ふとした瞬間に笑みをこぼしたり、眼がキラッと輝いたりすると、愛と情熱を持って今回のシールドライガーが作られているのが分かります。冒頭に

「これカッコイイ!! ほしい!!」というエモーショナルな納得感

と書きましたが、ファンの心がその段階まで動くのは、作り手が顔を見せてくれたから……というかズバリ言ってしまうと作り手とファンの間でコミュニケーションが成立したからだよなぁと思います。


そんなわけで発売予定の10月が待ち遠しい!!(`・ω・´) 
タカラトミーから電動ゾイドの新作が出るということで、上がってきたサンプル画像を見て楽しみになってきています(`・ω・´)




この横顔写真をよく見ると、キャノピーには枠がつくようですね。俄然楽しみになってきました。
新しいシールドライガーが来るという期待感が増してきます。

待望の新規キットがせっかく出るということで、(T社の回し者というわけではないですが)「ここのアレンジいいと思う!!」と感じた点を推していきたいと思います。

---
※追記

この商品が完成品であるか組み立てキットであるかの情報は確認できていないですが、
「もし組み立て式だったらこう思う」という観点で書いているところがあります。
ご了承くださいm(__)m
2015/03/28 22:32

---

下記のリンク先にある商品サンプル画像を取り上げて詳細を見ていき、
気に入った点を紹介していきますc(´ω`)p




<全体像>
mpz4
鬣から背中のビーム砲カバーに滑らかにつながるラインを崩さずに情報量を向上させてるのがいいですね。
耳の中にもディテールがあって緻密さが伝わってきます

<正面画像>
mpz3

①: 斜め上に展開するEシールドジェネレータ
頰横のパーツだけでなく、その上にあるパーツも展開するアレンジ。
ランボルギーニ・ムルシエラゴ等のガルウィングドアを想起させます。

閉じているときのラインは自然な密着感を出しているのでメリハリが効いてますね

②: 牙
正面から見たときに ( ) 型になるように牙が湾曲しています。敵機に深々と突き刺さりそうな力強さが伝わってgood!!


<斜め前方画像>
mpz2
③: 背部ビーム砲
タカラトミー版キットやMSSに対し、砲身の後方にジェネレータ(? 弾倉? マガジン? とりあえずビーム形成に必要そうな部分)らしきユニットが付加されました。

HMMのキットではコマンドウルフ以降、ディテールの追加に伴って武装を大型化することで迫力を向上させるアレンジが加えられてきました。それに対して、単に銃身をでかくするのではなく後ろ側に伸ばすようにデザイン変更することで全身の情報量に見合った武器として背中に据わっているのがいいと思いました。

④: 背骨
ネコ科動物の特徴であるしなやかな背中のラインをハイディテールなパーツで表現している部分。恐竜型機体の背ビレの意匠を転用させたようにも見える部分です。という言い方をすると、「ゾイドのフラッグシップであるゴジュラスを想起させる要素が、シールドライガーという先鋒に託された」みたいな語り方もできるんじゃないかなと思います。

⑤: メカニカルな部分
ここまで良い点をあげてきましたが、シリンダー/クランクシャフトを思わせるこのパーツが胴体に埋まっているように見えるのが気になりました。胴体と一体成型されているように見えます。

塗装も別パーツ化も大変そうですね……とはいえ、組み立て労力を減らすことで「作るの大変そう……」と躊躇する人にも届くようにするのも重要か。


<前脚>
mpz1
⑥: 装甲の陰に隠れたシリンダー
すばらしい。ある角度からは見えないところにハイディテールなパーツが配されているという美学を体現しています!!!


……てな感じで、発売時期も詳細も未定なキットに対してのいろいろな雑感でした。
自分がカッコいいと思う箇所を晒すというのは、オフ会とかで集まって語る機会があればコンテンツの深堀りで楽しいんですが、まずは自分のブログから放出します(/・ω・)/~


なんかこう「ゾイド愛」が強くて、自分の思い入れのあるストーリーやキット・デザインを尊重したくなる心理ってあるじゃないですか。メーカーへの批判や年代の違うファンの間での価値観の対立のようなことがよく起こってきたのって、その「愛」ゆえの固執が生んだ状況なんじゃないかなと思います。

それよりは「ゾイド熱」を放つことで、冒頭に書いたように「ここのアレンジいいと思う!!」というポジティブな思いを発信していきたいと考える今日この頃です。
みなさん、レゴは好きですか。突然ですが私も大好きです。
大の大人がレゴの魅力について語り合うテキストを見つけ、「なるほど!!」と思うところが多くありました

【特別対談】根津孝太(znug design)×宇野常寛「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」 ☆ ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.090 ☆

レゴはサイズやブロック形状の制約がある中で乗り物やキャラクターを表現する必要があり、そのため対象の本質をよく捉えてデフォルメしたデザインとして立体化される。そのデフォルメによって、より「車らしさ」「ヘリコプターらしさ」つまり私たちが対象物に対して抱いているイメージの部分が強く打ち出されているのが魅力だ、ということです。

記事中で引き合いに出されたマリーナ・ベイ・サンズは確かに、あの建建物の独特なデザインを見事に捉えていてます。



レゴ・アーキテクチャのマリーナ・ベイ・サンズとほぼ同じスケールの精巧な建築模型をがあったとして、見たときに心の中で「あ、マリーナ・ベイ・サンズだー!!」というワクワク感が立ち上がる感じはレゴの方が大きいのではないでしょうか。特徴的な部分を強調したデザインによって、言わば「立体物の似顔絵」として

・解釈の鋭さ
・ブロック(玩具)ならではの愛嬌

を放っているのはやはり大きな魅力だと思います。
自分が好きなレゴとして
スター・ウォーズのスノー・スピーダー



レスキューエアホーク(救助用大型ヘリコプター)
http://shop.brickle.jp/?pid=16034180

人工衛星と宇宙飛行士
http://shop.brickle.jp/?pid=14169606

などがあります

さて、デザインを立体物として表現する上で「解釈の鋭さ」「玩具ならではの愛嬌」を有しているというのは……
ゾイドにも言えるんじゃないかな? と思いました。

ディメトロドンの背びれをレーダーとすることやカノントータスの甲羅を重装甲に見立てること、ライガー・タイガー系ゾイドでは牙と爪を大きく強調したデザインにすることで<そのモチーフをそのモチーフたらしめている何か>を戦闘機械獣としての特徴的部位としているデザインは素晴らしいですよね。

マッドサンダーは特に、「デスザウラーの超重装甲を突き破る」というストーリー上の重大な意義を角に持たせたのが良いと思います。

実際の動物と比べた時、例えばシールドライガーもセイバータイガーも実際のライオンや虎とに対して頭も手も大きくデザインされています。しかし猫系の獰猛な動物が戦う際の武器である牙・爪を兵装として目立たせることにより必然的に大きくなっているため、「ライオンらしさ」「虎らしさ」を強く与えてくれるのだと考えられます。鬣や目つきのアレンジも、それぞれのモチーフの雰囲気を醸し出させるポイントですね

モチーフの印象を決定づけている部分をデフォルメして兵器としての特徴を持たせる、という鋭い解釈ができているからこそ全く対極にある[生物]と[機械]が違和感無くゾイドとして成立しているんだなぁと実感します。

実際のモチーフよりも頭・手足が大きいと書きましたが、それがまた「玩具ならではの愛嬌」を持ったデザインたらしめている要因かなと思います。頭部コックピットに人を乗せること及び胴体に動力ユニットを搭載するという2点の制約が、ゾイドをクール過ぎず決してダサくなくてカッコいいという絶妙なプロポーションにしている可能性に気づきました。

参考: ZOIDS IGNITION様のコラム「モチーフから導く性能」

デザインの話が長くなってしまいましたが、レゴと共通する重要な特徴として「世界観が自由で、ユーザーの想像や遊び心を広く受け止めてくれる」ことも外せませんね。ZAOD展示会のアンケート結果にもそういう意見が多かった気がします。そういう背景があって改造ゾイドを作って、塗装や工作の精度を上げて行こうとしてモデラーと名乗る(?)ようになって、こうしてブログ書いてるんだなー


プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム