このブログではキャラクターモデル・模型に関する記事を扱っています
だいたい1~2ヶ月に1回記事をアップするようなペースですが気が向いたときにチェックしていただけたら嬉しいです

これまでの完成品はこちらからご覧ください

掲載されている画像・文章の無断転載、画像への直リンクなどは禁止となっております。
ご連絡等はこの記事の拍手コメントからどうぞご入力ください


まだまだ拙いモデラーですがよろしくお願いします!

---

2015/3/11
MSSゾイド模型作品のスライドショーを製作・アップロードしました。
どうぞご覧ください〜
イベント開催日から2週間が経ちましたが、
4/27 (土)はコトブキヤ立川本店さんで開催された「第二次スタンド・リバー会戦」に行ってきました。
IMG_2163.jpg

立川本店に来るのは前回のスタンド・リバー会戦すなわち2016年12月以来でした。
立川駅周辺ということであればシネマシティに行く機会等はあったのですが、
コトブキヤさん周辺の落ち着いた雰囲気は久しぶりに来てもやっぱりいいなぁと思います。

とりあえず自分が持ち込んだHMMシャドーフォックスを紹介。
DSC02120.jpg

DSC02121.jpg

DSC02148.jpg

DSC02122.jpg

会場の一番後ろの列に展示できたので、天井の照明がフロア前方まで並ぶ様子を画角に収めつつ
バックショットを撮るのが楽しいです。

しかもお隣の作品はタイプゼロということで、スラゼロ合わせができました!!


今回のイベントで久しぶりお会いできた方、昨年のZAOD以来お話する方、
いろいろな方から塗り分けがうまくできているとお褒めの言葉をいただけて光栄です。

ストライクレーザークローの発光についてはボタン電池では光量が足りず、
やっぱり有線電源に対応させる改修が必要かなぁと感じました。展示会場って明るいですしね。

イベント開始は13:00〜の予定でしたが、展示完了次第周囲のゾイドファンの方とお話できる
感じになっていて過ごしやすかったです。撮影した作品をアップしていきます!!
(すべての作品を紹介できない点、ご容赦ください)

DSC02147.jpg

DSC02138.jpg

DSC02118.jpg

DSC02117.jpg

ガイロス帝国の紋章をバックに撮ると映えますね。
タカトミ版セイバータイガー頭部をミキシングした作品はすごく自然に纏まっていてお見事でした。

DSC02139.jpg

DSC02116.jpg

DSC02146.jpg

DSC02140.jpg

DSC02141.jpg

DSC02142.jpg

DSC02129.jpg
タカトミ版のライガーゼロ・タイプゼロの成型色を再現されたHMM作品。
思わず「おおっ!!」と声が出ました。懐かしさスイッチ直撃でした。
小学校6年生でタカトミ版キットを手にした時期のことを思い出させてくれました。

DSC02130.jpg

DSC02105.jpg

DSC02113.jpg

DSC02112.jpg

DSC02111.jpg
ガラス窓のすぐ外に隣の建物があるのですが、
ビルを背景にゾイドを撮るのも趣があっていいなぁと思っていました。

DSC02110.jpg

DSC02109.jpg

DSC02108.jpg
クワーガ のハサミをカマキリの前腕に読み替えたミキシング作品。
すごくいい……実際にそういうアイデアでキット化されそうな佇まいなのがすごくいいです。

〜ここからゴジュラス画像を連発〜

DSC02124.jpg
ゴジュラス!! 綺麗なメタリック塗装が天井照明を反射していて素晴らしい!!


DSC02125.jpg
ゴジュラス!! 細部まで塗り分けられていて、口腔内の発光がカッコいい!!

DSC02135.jpg
ゴジュラス!!
カノントータスを従えた配置になっていることで、ファンブック2巻の熱い戦いを思い起こさせてくれる!!


特に自分が気に入った作品を3点、ご紹介します
【RIO=Kさんのキングゴジュラス】

DSC02104.jpg

DSC02115.jpg

DSC02151.jpg
煽りアングルで撮ってよし。
バックショットの威容が圧巻。
大型作品でありながら、ミキシング作品であることを感じさせない自然さがすごいです。

【フォンタナさんのライガーゼロパンツァー】
DSC02145.jpg

DSC02143.jpg

DSC02144.jpg

密度の高いジオラマですが、情景と機体との色調が統一されていることで写真になったときに
すごくいい雰囲気になるなと思いました。また、手前に小型ゾイドの残骸が配置されていることで
それがボケるように撮ると遠近感が出て良い画になります。
ジオラマってそういう意義もあるんですね。奥深い。

【つんさんのストームソーダー】

DSC02133.jpg

DSC02134.jpg

DSC02132.jpg

廃部エンジンポッドの点灯色が変わるギミック、一生観ていられるなと思いました。
一家に一機欲しいですね笑

カラーレシピについてお話を伺うことができ、つや消しブラックを下地にフレームメタリックIIを吹くことで落ち着いたガンメタルになる件などはとても参考になりました。自分もうまく使い分けていきたいなー。

イベントの進行について、新製品情報を小出しにしていくことで長時間滞在しても飽きないようになっていてとてもありがたかったです。スタッフトークで設計者さんが3D-CADの解説をしてくださったり、箱絵のマーシーラビット先生が構図案を見せてくださったり、いろいろな刺激が得られました。HMMレブラプターはすごく気になるな。ガンスナイパーと並べたい。

自分としては、前回のスタンドリバー会戦のときに「シャドーフォックスを作りたい」と宣言していて、それを達成できたのがよかったなぁと思います。

ちなみに当日は私用により15:30頃に撤収・早抜けしてしまいました。お話できなかった方、次回イベントの時によろしくお願いします……。

今後何を製作するかですが、まずは今回のシャドーフォックスにもう少し手を加えていきたいところです。HMMのラインナップはこれからも続くということで、また第三次以降のスタンドリバーがある日を目指して作っていけたらと思います。
HMMギルラプター、絶対めちゃくちゃカッコいいんだろうなぁ……。


4月27日開催された第2回スタンド・リバー会戦に向けてシャドーフォックスを製作してきて、なんとか当日の朝に間に合わせることができました。こんな感じになりました:
IMG_2442.jpg

IMG_2455.jpg

IMG_2449.jpg

DSC02092.jpg

ポイントは
● もともとゴールドだった部分はブラスで塗装。この部分につや消しコートすることで、他のパーツに対して目立たないようにする。それにより爪・牙・フレームの光沢感を引き立てる

● 円盤状パーツはガンメタル系の色で塗り、全体としてブラスの割合を減らして引き締まった感じにする

● 赤のホロステッカーを細かく切って貼り、アクセントとして使用

● 穴状のモールどはピンバイスで開孔し、メタルラインニッパーで切断した真鍮線を刺してアクセントとして使用

そんな感じで全体としての情報量が多くなるように塗装&ディテールアップしました。


DSC02072.jpg

DSC02074.jpg


IMG_2428.jpg

フレーム部分にカッパーとシルバーで部分塗装し、デカールを貼ると、これまでのHMMデススティンガーやライガーゼロ・アジャイルのような「僕の作品」感が出ますね。

DSC02102.jpg

DSC02096.jpg

そしてストライクレーザークローが光ります。
現在はボタン電池・CR1220で両腕の爪と目のLEDを全て光らせているため、新品の電池に交換して間も無くはある程度明るいのですがしばらくすると光量が低下していきます。内蔵電源は厳しいかなぁと思い、今後さらに手を加えてみようかなという所存です!!
前回の記事に続いてHMMシャドーフォックスです。
当初は頭部デザインを変更する予定でしたが、アニメ・ゾイド新世紀/0に登場したバラッド搭乗機をイメージしてキットのデザインは基本的に変えずに製作することにしました。そうしないと、4/27の第二回スタンド・リバー会戦に間に合わなさそうになったので笑、スタンドリバーまでに一旦完成させてその後追加で加工したいところをいじればいいかなという考えに至りました。

せっかくHMMシャドーフォックスを製作するからにはずっと挑戦してみたいと思っていたことがあります。
ストライクレーザークローの電飾加工です。

ライガーゼロであれば自分も過去にやってみましたが、シャドーフォックスは爪自体がもっと小さいのでうまくいくのか? 気になっていました。でも、

爪をノコで分割する
→ 透明プラ板を挟んで接着する
→ 砲丸型LEDを、爪に仕込めるくらいまで小さく薄く削り混む
→ 透明プラ板から光が漏れ出すように配置する

という段取りなら発光できるようになるはずだという見通しが頭の中で立っています。
やってみました。

ootaku_off2

加工前の爪です。


IMG_2374.jpg

爪ひとつひとつの間に透明プラ板を挟み、元の形と同じような形状になるよう表面処理したものです。
足首 (=爪の付け根)は、配線が通るようにスペースを空けておきます。


IMG_2377.jpg


小さく薄く削った砲丸型LEDが足首から出てくるようにして、そこに爪パーツをスポっとかぶせるようにします。


IMG_2376.jpg

その「スポっとかぶせる」ことができるように、足の裏のパーツは切除し、プラ板で爪の裏を塞ぐようにしました。
つまり爪は手袋みたいなものに成り変わりました。

配線を脚部フレームに沿って這わせて、可動に干渉しないように配線し、コードが足の付け根付近から出てくるようにします。

光ります。

IMG_2372.jpg

暗いところで撮ると、スリット部分だけでなく爪全体が光り輝いているように見えますね。よしよし。

ちなみにアニメでは膝キャップや肩の放熱フィン周辺も黄色く光っているように見えますが、そこはオミットして爪だけは光らせることをとりあえずの目標にしました。

スタンド・リバー会戦まであと1ヶ月を切っていて、週末はこれから3回しか来ないんですけど完成までこぎつけたいです。4月は年度の頭ということで職場では歓迎会なども開かれるため、そうすると飲み会から1次回で引き上げて帰宅して作業、という段取りで進めていけそうです。がんばるぞー
いろいろなコンペなどがありますが、マイペースにHMMゾイドを製作しています。
今度の製作対象キットはシャドーフォックスです。

IMG_2253.jpg

加工箇所として
 ① 可動範囲拡大
 ② 頭部デザインの改修
を実施しようと思います。
ストライクレーザークローを繰り出しているポーズを取らせたいのですが、キットのままでは手のひらを前に突き出しているようなポーズになってしまいます。

IMG_2256.jpg


そこで、爪を前に突き出しているポーズが取れるように関節を改修します。
コトブキヤ M.S.Gの「メカサプライ06 ジョイントセットB」を使用。



IMG_2268.jpg

同時に前脚の延長もします。
また、肩の可動範囲を拡大したいので、5mmの棒状ジョイントをブロックス用ボールジョイント (がついていたフライシザースの足パーツの一部)に置き換えます。

IMG_2264.jpg
【Before】

IMG_2263.jpg
【After】

前脚の延長に合わせて装甲の延長も実施し、こんな感じになりました。
装甲の延長は、真鍮線を真にしておいてプラ棒で間を埋めるように実施します。

IMG_2262.jpg

IMG_2265.jpg

ねこがパンチを繰り出しているようなポーズが取れるようになりました。

IMG_2267.jpg

顔の加工にはこれから着手します。

---

それはそうと、MSSハンマーロックが今月上旬に完成しました。

DSC01917.jpg

DSC01927.jpg

DSC01924.jpg

DSC01920.jpg





ミサイルの赤がアクセントになって、明るい雰囲気のゴリラになりました。
これでMSSゾイドは青・赤・緑・黄の4体揃えて並べることができるようになりました。カリフォルニアの夜景画像を写したディスプレイを背景にして撮ります。
DSC01930.jpg


さらにDCS-Jを加えると5体並べることができて壮観です。
IMG_2232.jpg

部屋の棚のどこかに、こんな風にゾイド5体を常に並べて飾っておけたらいいなぁと思います。
プロフィール

ユミヤシ

Author:ユミヤシ
元: 閃雷です。このたびハンドルネームを変更いたしました。よろしくお願いいたしますc(´ω`)p

●本ブログに掲載された画像につきましては無断転載を禁止とさせていただきますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。

最新記事
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム